お風呂と風水は関係ある?気になるアレコレを調べてみた

お風呂

風水は中国発祥の環境学みたいなもので、建物と方角の関係を説いています。

お風呂も例外なく風水と関係があります。

お風呂をある位置に配置した時に運気がどの様に変動するかについてや、悪化を防ぐ方法を調べてみました。

お風呂は体の厄を落とす所ですが、同時に悪い気が溜まりやすい場所です。

そのため家に配置するのが難しい場所とされています。

北東や南西、北、南は避けた方が良いでしょう。

理由としては北東や南西は鬼門と裏鬼門で土の属性の方角でもあり、それが水の気を弱めるからです。

北は水の属性の方角ですが、浴室と重なってしまい活力が停滞してしまいます。

南は火の属性の方角で浴室の水の気と相性が悪く、家の中で衝突しがちになる危険性があります。

運気が悪化を防ぐには風呂場をきれいにして湿気を取り除きます。

掃除や喚起がとても大切で、排水溝のつまり取り除き、喚起を頻繁に行うなどをすれば運気の悪化を防げます。

関連記事一覧