お風呂の基礎知識!知っておきたい”配色”のコト

お風呂

お風呂の配色は選ぶ色によって雰囲気が変わりますが、それぞれメリットデメリットがあります。

それを把握したうえで、自分に合っているものを選ぶことが大切です。

ダークカラーは落ち着いた雰囲気を出すことができますが、水垢が目立つので気をつけなけばいけません。

ホワイト系は清潔感を出すことができますが、カビや髪の毛が目立ちます。

パステルカラーは柔らかい雰囲気を出すことができますが、年を重ねると違和感を持つかもしれません。

鮮やかな色を使うと引き締まった感じなりますが、飽きやすいの注意が必要です。

ベージュは湯垢が目立たないのでお勧めですが、人造大理石の場合は白のほうが綺麗です。

このように特徴があるので、それを踏まえて選ぶようにしましょう。

関連記事一覧