キッチンの基礎知識!知っておきたい”配色”のコト

キッチン

インテリアの効果が現れやすい要素として、「配色」がもたらす影響は想像以上に大きいものです。

同じ間取り・広さ・同じ仕様であっても、色が違えばがらりと印象が違ってきます。

そこで、キッチンのカラーコーディネートをする際には、押さえておきたいコツがあります。

それは、使用する色を「ベース」「メイン」「アクセント」この3つに分けて考えることです。

ベースは壁・床・天井など空間の7割を占めるもので、無難なのが白やベージュの壁に床をブラウンにするパターンです。

メインはキッチンユニットやテーブル・収納などで、キッチンインテリアの2割程度を占めます。

ここが一番好みや個性が演出できる場所といえます。

アクセントは小物や雑貨などの部分で、空間に占める割合は少ないですが、ベースとメインとはあえて違う色や差し色を使うことで、キッチン全体がぐっと引き締まってくる効果があります。

関連記事一覧