リビングの印象が一気に変わる!おすすめレイアウト3選

リビング

リビングのレイアウトでまず押さえておくことが、入り口からの直線上は見通しが良いことです。

そうすることで遠くまで見えて広く感じるので、ここはしっかりと押さえておきましょう。

まず横長のリビングであれば、収納棚で半分に区切ってみるのも選択肢の一つです。

区切ることでそれぞれの空間を利用できるので、過ごし方も違ってきます。

リビングダイニングであれば、ラグなどを利用して境界線を設けるのも選択肢の一つです。

そうすることで同じ空間であっても、二つのスペースを作ることができます。

縦長のリビングであればテレビ台を置かずに、壁付けにすると圧迫感が減り開放的な空間を作れます。

レイアウトはそれぞれの間取りに合わせて、そこに合ったように設置するようにしましょう。

関連記事一覧